太り過ぎだと妊娠しにくいのはなぜ?


太っていて必要以上に体に脂肪が蓄積された肥満の状態になると、体に様々な影響をもたらし、その結果体の機能が衰えるなどして妊娠しにくい体に変化していってしまいます。

人によっては排卵障害になり、治療に当たらなければなりません。

脂肪の中でもよくないのが内臓脂肪で内臓の圧迫につながるだけでなく細胞脂肪から普段分泌されているたんぱく質が減少する傾向がみられるようになります。

このたんぱく質が減ってくると女性の体に変化をもたらし、卵巣の皮が肥厚してくるよくない状態といえ、卵巣の変化により卵子の成長が妨げられて排卵もされにくくなってしまいます。

肥満はほかにも、悪玉コレステロールの増加から血液がドロドロ血傾向になり、血流が悪くなることで起こるのが冷え性です。

体の冷えは妊娠や出産にも大敵で、自律神経や生理周期の乱れ、栄養の偏りも妊娠しにくい体質にしてしまいます。

肥満により、男性ホルモンが体内で増えやすくなってしまうことも無排卵や排卵障害の一因となります。

太りだしてからムダ毛の量が増えたり濃くなってきた人は注意が必要です。

脂肪を減らすために無理な食事制限や運動を行ってしまうと、それも妊娠しにくい体になってしまいます。

ストレスで過食になることがないよう、バランスの取れた食事で栄養の偏りをなくしながら食べすぎないようにすることを心掛け、運動は適度に取り入れるようにします。

おなかがすいている状態で運動すると、その後の食事で血糖値の急上昇につながりやすいので、空腹時の運動は避けたほうが無難です。
食後1時間から2時間経過したぐらいに体を動かすようにすると、空腹感のない時に運動できます。

痩せすぎてしまうこともいけないですし、もっとよくないのはリバウンドを繰り返すことで、脂肪が減りにくい体になりなかなか肥満を解消できなくなってしまいます。

排卵障害に至らないよう日頃から食べ過ぎに注意し、運動を習慣的に行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です